投稿

4月, 2017の投稿を表示しています

.NET WEBアプリケーションで実行ボタンを押すとアプリケーションエラーになる

イメージ
.NET WEBアプリケーションにて、トランザクションの実行ボタンを押した後にアプリケーションエラーになる。又、それ以降はメニューのボタンを押しただけでもアプリケーションエラーになる。という事象がありました。

エラーの内容は以下の通りです。



スタックトレースの内容は以下の通りです。

[InvalidOperationException: オブジェクトの現在の状態に問題があるため、操作は有効ではありません。]
System.Web.HttpValueCollection.ThrowIfMaxHttpCollectionKeysExceeded() +2727926
System.Web.HttpValueCollection.FillFromEncodedBytes(Byte[] bytes, Encoding encoding) +61
System.Web.HttpRequest.FillInFormCollection() +148

[HttpException (0x80004005): URL にエンコードされたフォーム データが有効ではありません。]
System.Web.HttpRequest.FillInFormCollection() +206
System.Web.HttpRequest.get_Form() +68
GeneXus.Http.HttpAjaxContext.LoadFormVars(HttpContext localHttpContext) +107
GeneXus.Http.GXHttpHandler.InitPrivates() +153
GeneXus.Http.GXHttpHandler.ProcessRequest(HttpContext httpContext) +157
System.Web.CallHandlerExecutionStep.System.Web.HttpApplication.IExecutionStep.Execute() +181
System.Web.HttpApplication.ExecuteStep(IExecutionStep step, Boolean& completedSynchronously) +75
色々調べた所、Microsoft セキュリティ更新プログラム M…

デプロイメント方法 - .net webアプリケーション版

イメージ
以前(といっても8年前になりますが・・時が経つのは早い・・)、.net webアプリケーションのデプロイメント方法の記事をアップしていましたが、リンク切れしていたり、情報が古くなっていましたので、改めてアップします。


.netジェネレーターの場合、デプロイメントツールは標準でインストールされていません。エクステンションモジュールとして追加インストールする必要があります。
1.デプロイメントツールのダウンロード GeneXusマーケットプレースで公開されています。ダウンロードするためにはGXTechnicalアカウントにてログインが必要です。

CSharp XCopy Deploymentという名前で公開されています。(これはGeneXus社ではなくSimplifica社のArmando作です) Donloadボタンをクリックすると、それぞれのバージョンのモジュールがダウンロード可能です。ダウンロードしたzipファイルを任意のフォルダに解凍します。




2.デプロイメントツールのインストール 2-1.「ツール」→「エクステンションマネージャー」を開く
2-2.「追加」ボタンをクリック
2-3.「ローカル」タブにて、ファイルの選択ボタンをクリックし、解凍したCSharpXCopyDeployment.dllファイルを選択し、「OK」ボタンをクリックします。

2-4. dllの取込みが成功すると、エクステンションマネージャーにて「CSharpXCopyDeployment」が表示されるので、チェックボックスをONにし「変更の適用」をクリックします。適用後にGeneXusを再起動します。  

3.デプロイ 3-1.事前準備
【環境】
GeneXusでは、基本的な考え方としてジェネレート・デプロイするターゲットごとに「環境(Environment)」を作成・設定します。
例えば、「開発サーバー」「本番サーバー」と2系統ジェネレート・デプロイ先があるのであれば、環境も二つ作成し、それぞれ「Dev」「Release」といった判りやすい名前をつけましょう。
手順は以下の通りです。
①ナレッジベースナビゲータにて、「設定」→「環境」を右クリックし、新規環境を選択
②ビルドをする時に、対象となる環境を右クリックし、「アクティブにする」を選択


※本番環境(DB)がGeneXusから直接接続でき…