投稿

2015の投稿を表示しています

2015 - 年末のご挨拶

イメージ
今年も残すところあと一週間となりました。少し早いですが年末のご挨拶です。

私は新会社(イノベーティブ・ソリューションズ:ISOL)の立ち上げで多忙な一年となりました。おかげでこのブログは更新頻度が落ちてしまったのは反省点ですが・・
9月にありましたGeneXusイベントでもISOLの設立経緯や開発したソリューション(倉庫業務における見える化システム)の発表をし、次のステップへの足がかりの一年になりました。来年もより一層の飛躍が出来るよう邁進していきます。

ウルグアイからもクリスマス&ニューイヤーカードが届いています。Artech社は12月1日からGeneXus社に社名変更となりました。GeneXusイベント25周年を迎え名実共にGeneXusとしての新たな出発となる事でしょう。




それでは皆様よいお年を。




Mac OSを「El Capitan」にアップデートしたらiOSアプリがコンパイルできなくなる問題

イメージ
10月1日にリリースされたMac OSの新バージョン「El Capitan」ですが、あちこちで不具合の報告が上がっています。私もiMacをアップデートしたところ、Office 2016が落ちまくりで仕事になりませんでした。現在では問題が解消したアップデート版がリリースされています。

さて、GeneXus関連でもEl Capitanにアップデートすると問題が発生する事が確認されています。

具体的にはスマートデバイスジェネレーターにてiOSアプリケーションをビルドする時にGeneXusからsshでMac OSにコネクトする時にAlgorithm negotiation failというエラーメッセージが表示しビルドが中止されます。


GX25 インターナショナルミーティングレポート - Live Editing : Salto

イメージ
このセッションは開発チームFederico Azzato(フェデリコ・アザト)によるLive Editing(ライブ・エディッティング)のお話しです。昨年のインターナショナルミーティングで発表されたLive Editingですが、その後一年経っての最新情報です。



GX25 インターナショナルミーティングレポート - Dynamic Transaction : Salto

イメージ
今回はサポートチームのGraciela Liston(グラシエラ・リストン)によるDynamic Transactionに関するセッションです。

トランザクションオブジェクトの進化形としてダイナミックトランザクションというものが追加されます。

GeneXusにおいてはトランザクションを定義するという事は、for eachコマンドやGridコントロール上で項目属性名の指定だけでデータベースにアクセス可能になりますが(GeneXusが項目属性から推論してテーブルやJOINを特定)、それを拡張してデータベーステーブルだけではない他のリソース(View、サービス、NoSQL、etc)もGeneXus開発者にとっては透過的にアクセスできるようにする。というコンセプトです。

全てのリソースにアクセス出来るような実装には時間が必要です、ダイナミックトランザクションというコンセプトはミドルタームの話、個別の実装はショートターム(例えば次期バージョン)での話。となります。





GX25 インターナショナルミーティングレポート - GeneXus in the short and medium term

イメージ
このセッションはCTOであるGaston Milano(ガストン・ミラノ)によるGeneXus in the short and medium teamというタイトルで、GeneXusのちょっと先の話になります。






GX25 インターナショナルミーティングレポート - What's Now

イメージ
今回のセッションはCOOであるGustavo Carriquiry(グスタボ・カリキュリ)氏による、「What's Now」というタイトルで現在のGeneXus市場の報告です。





GeneXus Day 2015が開催されます

イメージ
ジェネクサス・ジャパン社主催のイベント、GeneXus Dayが今年も開催されます。今年は午前中がArtechを始めとするテクニカルのセッション、午後はパートナー・ユーザー企業による事例発表と、まる一日GeneXusをお楽しみ頂けます。


以下、同社の特設ページから

ジェネクサス・ジャパン、年間最大のイベント「GeneXus Day 2015」を2015年11月25日(水)に開催します!
今年は史上初となる、午前から午後まで1日まるごと GeneXus をお楽しみ頂くイベントとなります。
午前のセッションでは、「GeneXus」開発元の Artech 社、「GeneXus」のオプションツール「WorkWithPlus」「SmartDevicesPlus」の開発元の DVelop 社、それぞれのキーパーソンがウルグアイから来日し、GeneXus コミュニティの世界一ホットな情報をお伝えします。
午後のセッションでは、4社の企業様より GeneXus の導入事例や今後リリースされる製品の評価結果についてご発表いただきます。
そして、講演会場に隣接するフロアでは展示会場を設け、12社の弊社パートナー企業によるブース展示を行います。
各パートナー企業の強みを生かした多彩な展示を、会場でお楽しみください。
GeneXus のすべてをつめこんだ、濃厚な1日です!お見逃し・お聞き逃しのないよう、 お申し込みの上、ご来場ください!
お申し込みはこちらから。
皆様のお申し込み、ご来場をお待ちしております。



GX25 インターナショナルミーティングレポート - オープニングキーノート

イメージ
今年も去る9月28日から30日の3日間、ウルグアイにてGeneXusインターナショナルミーティングが開催されました。今回で25回目という記念のイベントです。3,300人以上、30ヶ国からの参加者が集っています。当然の事ながら私も参加してきました。当ブログでウルグアイでの最新情報をレポートしていきます。


まずはNicolas Jodal(ニコラス・ホダール)社長のオープニングスピーチからです。今年のイベントのテーマは「What’s Next?」という事で、25回という節目の年らしく、これからの方向性を占うような内容になりそうです。





いよいよGeneXusインターナショナルミーティングが開催されます

イメージ
いよいよ来週月曜日(9月28日)からウルグアイにてGeneXusインターナショナルミーティングが開催されます。今年は25回目という記念の年です。

各セッションのスケジュールも公開されました。


私は2日目の昼前のセッション(12:15)でした。まだ原稿が完成していませんが、いつも通り飛行機の中で仕上げていきます。それではこうご期待。


【News】ウイング&ジェネクサス・ジャパン共同主催「未来につながるGeneXusの可能」が開催されます

イメージ
GeneXusの販売店である株式会社ウイングとジェネクサス・ジャパン株式会社が共同でセミナー「未来につながるGeneXusの可能」を9月9日に開催されます。

以下、ウイング社ホームページより



要件工程からGeneXusを活用し、業務シミュレーション結果を確認しながら開発する方法を事例に合わせて説明いたします。また、進化するGeneXusの機能やデモをご覧いただきます。未来の業務システムの開発運用保守が変わってきます。

GeneXus インターナショナルミーティング - GX25 が開催されます

イメージ
早いもので今年もこの季節がやって来ます。来る9月28日から30日の3日間、ウルグアイにてGeneXusインターナショナルミーティング GX25が開催されます。その名のとおり今年で25回目、四半世紀となる記念の年です。この回数を見ると歴史を感じさせます。




そして今年のテーマは「What's Next?」という事で次は何が出てくるのか? 昨年Evolution3がリリースされたという事では、次期バージョンに関するなんらかの発表があるとは思いますが、技術的には「あれ」とか、「それ」とか・・色々と妄想してしまいます。あるいはサプライズな発表があるのか? 今から楽しみで仕方がありません。

もちろん、私は今年も参加してきます。最新情報はこのブログで随時お伝えするつもりですが、今年は渡航の経路をいつもと違った経路にしましたので、(もしあれば)珍道中の様子も報告できると思います。

あ、あと私自身のプレゼンもこれからネタを考えなくては(汗)  今年は何にしようかな?




デプロイメント方法 - Java版 その3

イメージ
Javaデプロイメントの最後はいくつかの便利機能です。

1.アドバンスド・デプロイメントウィザード

java -cp gxclassR.zip;GxUtils.jar com.genexus.developermenu


GeneXus IDEから起動するJavaデプロイメントウィザードとほぼ同じですが Advanced Development Wizardを使うとwar以外にjarなども作成できます。



デプロイメント方法 - Java版 その2

Javaデプロイメントウィザードはとても便利なツールですが、本格的に使おうとすると毎回UIで実行するのは煩わしくなってきます。こういう時はバッチ実行できるといいですよね。

Evolution2 U5からJavaデプロイメントウィザードにバッチモードのオプションが追加されました。


デプロイメント方法 - Java版 その1

イメージ
Javaで生成されたWebアプリケーションをデプロイする為にはwarファイルを作成する必要がありますが、GeneXusでは「デプロイメントウィザード」というツールを使用します。

1.デプロイメントウィザードの起動 Javaジェネレーターをターゲット環境として選択している場合は、「ツール(T)」メニュー→「Javaジェネレーター」→「デプロイメントウィザード」を選択します。
(他のジェネレーター選択時では「Javaジェネレーター」メニューは表示されません)



ウェアラブルコンピューターに未来はあるのか? : Apple watchを使ってみて

イメージ
皆さん、ご無沙汰してます。横井です。

気が付けばもう6月、今年も折り返しですね。新会社の立ち上げに追われてブログの更新が滞ってしまいした。

4月24日に発売されたApple watchですが、ご多分に漏れず私も買いました。仕事だからと自分に言い聞かせて(笑)。以降2ヶ月間使ってみた使用レポートです。

モデルはwatch(ステンレススチール)のミラネーゼループです。パッケージングは相変わらずのおもてなし感満載です。

ここは日本のメーカーはなかなか追いつかない(というか全く出来ていない)所ですね。

有機ELディスプレイだそうですが、とても綺麗で秒針の動きもスムーズです。







スマートデバイスですから、何が出来るのか?はどんなアプリがあるのか?と直結します。

GeneXus X Evolution3がリリースされました

イメージ
2015年1月30日、GeneXusの新バージョンであるGeneXus X Evolution3の日本語版がジェネクサス・ジャパン株式会社よりリリースされました。

Evolution3ではスマートデバイスジェネレーターにオフラインモードが追加されました。スマートデバイスにローカルデータベースを作成する事ができ、サーバー側データベースとの同期(シンクロ)処理もジェネレーターが自動的に生成してくれます。

WebジェネレーターにはレスポンシブルWebデザインやスムースWeb機能、プッシュ通知など最新のWeb技術がサポートされています。

他にも数々の機能追加がされた待ちに待った新バージョンのリリースです。詳細はジェネクサス・ジャパン社のホームページを参照ください。


2015年のご挨拶

イメージ
新年の年頭にあたりましてご挨拶をさせて頂きます。
旧年中は大変お世話になりました。本年もよろしくお願い致します。

昨年はプライベートでは悲しい出来事もありましたが、ビジネスを中心に総じて有意義な一年だったと思います。以下、昨年の総括です。

ジーマインドは創業10年を迎えましたが、長いようであっという間の10年でした。とはいえ、ビジネスを10年続けることは並大抵のことではなく、支援して頂いた皆様のおかげと感謝しています。



さて、毎年恒例のウルグアイでのGeneXusインターナショナルミーティングでは、一昨年に引き続き独自理論のSFA(営業支援)アプリケーションのプレゼンテーションをしましたが、なんとArtechのホダール社長も観に来て頂いてスピーチ後はコメントも貰いました。

営業マンの行動原理に基づく支援理論は日本独自のものかと思っていましたが、南米でも同様の問題を抱え、且つ、我々の理論が対処として有効なことが判ったのは今年の大きな成果でした。


又、10年の節目としては新たに「株式会社イノベーティブ・ソリューションズ」を立ち上げました。

ジーマインドは横井自身が動いてGeneXusのコンサル、教育、技術支援やGeneXusの普及・啓蒙活動を中心にしてきましたが、新会社では組織を作ってソリューションビジネスを中心にビジネスを行っていきます。もちろんその為のキーテクノロジーとしてはGeneXusも全面的に取り扱っていきます。

今まではどうしても個人活動が多かったので、なかなかビジネス的側面では成果を認められづらかったのですが、今度は組織的に動く事で大きなビジネスをこなしていくつもりです。(すみません、まだホームページが出来てません。こちらも追ってご紹介していきます)




前置きが長くなりましたが、2015年の活動目標を掲げていきます。
1.SFAアプリケーションのリリース 昨年のウルグアイでのプレゼンテーションの結果、日本だけではなく海外でも通用する可能性が判りましたが、結果的にリリースまでには至りませんでした。プロトタイプからリリース版へのブラッシュアップを重ねリリースさせたいと思います。

2.ソリューションビジネスの立ち上げ 新会社「(株)イノベーティブ・ソリューションズ」ではその名の通りソリューションビジネスを展開していく事をミッションとしていますが、ターゲットはエン…